「さがほのか」販売開始!

《さがほのかの特徴》
「さがほのか」は、名前に「さが」とあるように佐賀県生まれのいちごです。
親の掛け合わせは「大錦」×「とよのか」で、佐賀県農業試験研究センターで育成され、2001年(平成13年)に品種登録されました。
佐賀県をはじめ、おもに九州地方で栽培されています。
果皮はツヤのある紅色をしていて、果肉はきれいな白色。甘味が強く多汁で、酸味はおだやかです。
形は円錐形でサイズが大きく、果肉はしっかりとしていて日持ちも良好。店頭では「ほのか」や「ほのかイチゴ」などと表記されていることもあります。
いちごさんの登場によって徐々に世代交代
なお佐賀県のいちごには、2018年(平成30年)に品種登録された「いちごさん」もあります。
いちごさんは、さがほのかの後継品種と位置づけられているので、今後世代交代になるかもしれません。

■さがほのかの選び方(見分け方)
着色が薄いものやへた付近の白色が目立つもの、濃すぎて黒っぽいものは避け、全体が鮮やかな紅色に染まったものを選びましょう。
さがほのかはほかのイチゴに比べて香りがやや強いので、香りがよいかどうかも要チェック。また、ツヤがなくなっているものは鮮度が落ちている可能性があります。

■さがほのかの保存方法
さがほのかは日持ちがよいといわれていますが、2~3日以内に消費するようにしましょう。
保存する際は、果実が乾燥しないようパックをポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室に入れます。
量が多くて食べきれない場合は冷凍しておいて、スムージーやイチゴミルクなどにしてもよいでしょう。